Road to MALTA


マルタへの直行便はありません。

通常日本からマルタへ行く場合は、ヨーロッパまたは中東での乗り換えになります。

時期によりますが、ドイツやスイス、ベルギー経由便には、乗り換え時間が1時間半程度のフライトがありますし、乗り換え時間が1時間半くらいだと心配という方は、もう少し余裕がある便を、フランスやイギリス、イタリア経由で見つけることもできます。

航空券によっては乗り継ぎのついでに、経由地で降機して観光を楽しむことや、宿泊することもできます。
乗り継ぎが24時間以内なら、手荷物を預けたままで身軽に観光もできます。

また、エミレーツのドバイ経由や、トルコ航空のイスタンブール経由もよく使われます。
中東系のエアラインは、アメニティやサービス、機内食に定評があり人気があります。

乗り換えの空港も中東の珍しいものを売っていたりしますので、ヨーロッパの空港に飽きてしまった方にはおすすめです。

トルコ航空では、乗り換え時間が長い人のために、空港を利用する時間にもよりますが、無料のミニ観光ツアーや、フリーの軽食も用意しているので、条件が合えば使ってみるのも良いでしょう。

何れにしても選択肢が色々あるので、どこを経由していくか考えるのも楽しみの一つです。

自分で選ぶのは手間がかかり面倒という場合は、パッケージツアーを使うのが楽ですし、料金も安い場合もありますので探してみてください。


日本からのフライト例

※航空会社のマークから各エアラインのホームページへGO!

★★フランクフルト(ドイツ)経由★★
■東京ーフランクフルト(約12時間)
 
   
■フランクフルトーマルタ(約2時間半) 
 
 


★★ドバイ(UAE:アラブ首長国連邦)経由★★

■東京ードバイ(約11時間半)

■ドバイーマルタ(約5時間半)2016年6月より。
■ドバイーマルタ(約9時間半:チュニスで約1時間半程度、乗客の乗降のため駐機。) 
※ドバイ―マルタは、スケジュールにより上記の何れか。
  



★★イスタンブール(トルコ)経由★★

■東京ーイスタンブール(約12時間半)
■イスタンブールーマルタ(約2時間半)
 


私ボスは冒険旅行愛好家の上、仕事絡みでマルタに行くことが多いので、パッケージツアーはあまり使いません。
Skyscannerなどを使って安いフライトを探します。
ボスのような方のために、マルタへのフライトがある都市のリストを、別ページに掲載しました。
LCCまで入れると、かなりの選択肢があります。


マルタへのフライトがある都市&航空会社リスト
※航空会社のマークをクリックすると、エアラインのホームページへとべます。


        ↓クリックして、マルタ(ルア)国際空港のホームページへGo!

マルタ国際空港(ルア国際空港) Luqa International Airport 

空港から市内までは通常、バス、シャトルバス、タクシーをつかいます。
バスについてはこちらのページをご覧ください。
マルタのバスはスーツケースを持って乗ることができますし、空港をでてすぐのところにバス乗り場があるので便利です。

人数が多ければシャトルバスも良いと思います。
空港内のカウンターで申し込むことができます。

マルタのタクシーは行先によって料金が決められていて、空港内のカウンターであらかじめ支払ってからタクシーに乗るので、料金の心配をすることがなくて安心です。

主な行き先ごとの料金は、
Valletta(ヴァレッタ)15.00ユーロ
Sliema(スリーマ)20.00ユーロ
St.Julians(セントジュリアン)20.00ユーロ
Mdina(イムディーナ)18.00ユーロ
です。



空港の設備

お食事はケンタッキー・フライド・チキンなどの軽食のショップが入っています。

カフェはやはりイギリス系のCOSTA Coffeです。
Hard Rock Cafeもあり、出国ロビーの売店ではTシャツなど最後のお土産も買えます。

荷物預かり所


空港に荷物を置いて観光をする時などに便利なLuggage Deposit Service手荷物預かりについてお知らせします。
       0〜6時間   6〜12時間   12〜24時間
10kgまで  5ユーロ    8ユーロ    12ユーロ
30kgまで  7ユーロ    10ユーロ          14ユーロ
30?以上   15ユーロ    15ユーロ            15ユーロ



 






 

営業日カレンダー

2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
赤くなっている日はお休みです。

モバイルショップ