いつ行く?マルタの気候と持ち物



 ←(英語のサイト)
クリックして⇒今日のマルタの天気をチェックしよう!(日本語のサイト)
 

マルタの天候



一年を通して雨が少なく温暖な地中海性気候

一年中温暖で雨の少ないマルタですが、10月頃から3月頃は雨が降りやすくなります。

海で泳げるのは5月から10月くらいまで。
観光客でにぎわうシーズンは、6月から8月頃です。

冬はアフリカ大陸からの強い風シロッコが吹いたり、日本よりもあたたかいのですが冷え込むこともあります。

やっぱりマルタは海でしょう!という方におすすめは夏!

マルタで海を楽しむならやはり夏!
透明度が高く人気のコミノ島へのツアーも、基本的には夏季限定です。
この時期はヨーロッパ各地からの観光客も押し寄せ、賑やかな雰囲気になります。

ただし!マルタの夏は本当に暑いです。

カラッとしているので、日陰に入ったり日が落ちてからは過ごしやすいのですが、なんといっても日差しが強いです。

夏の持ち物

日本でも夏は日焼け止めは必須という方でも、サングラスをかける習慣がある方は少ないかもしれません。
でも是非持って行ってください。
マルタの太陽はギラギラです。屋外に長時間いると、日陰にいても目が開けていられなくなるほど眩しいですからご注意ください。


観光中心の方には春か秋がおすすめ

夏の暑さを体験したら、きっとシエスタの習慣の理由が分かると思います。
観光のプランをこなそうと思ったら、ちょっと涼しい時期がおすすめです。
涼しいとはいっても、5月から10月頃なら泳げる日も結構あります。

また、マルタはイベントが多い国ですが、春と秋には特にイベントが集中するのであわせてご検討ください。
マルタのイベントのリンク集はこちらから


キリスト教国マルタのあたたかさにふれる冬

他のヨーロッパ諸国のような絢爛豪華なクリスマスではありませんが、街には素朴な飾りがつけられてマルタのあたたかいクリスマスの雰囲気が味わえます。
ヨーロッパでも随一のローマンカトリックの国ですから、12月から1月頃は街中がソワソワしている感じです。

日本に比べるとあたたかいのですが、風が強く吹いたり寒い日もあります。また雨の少ないマルタですが、この時期は雨の日も多くなります。


尚、風が強い日は船が欠航になることもあるので、船に乗るご予定がある方はお気を付けください。

とはいえマルタの冬は穏やかですから、ゆっくり観光するのには良いかもしれません。

冬の持ち物

一日のうちの寒暖の差も激しく、半袖になりたいほど暖かかったり、ダウンを着るほど寒かったりしますので、調節できる服装やスカーフなどがあると便利です。
真冬でも外国人の方は半袖半ズボンだったり、海で泳いだりしていますが、普通の日本人だと肌寒いと感じる気候だと思います。

シロッコというアフリカ大陸からの強い風が吹くと、更に寒さを感じます。

雨は降り続けるということはあまりありませんが、折り畳み傘があると安心かもしれません。


写真は風と波の力でできたゴゾ島の名所アズールウィンド



 

マルタの祝祭日

 1月1日 新年の祝日 : New Year's Day 
2月10日  聖パウロ難破記念日 : Feast of St.Paul's Shipwewck
3月19日  聖ヨセフの祝日  : Feast of St.Joseph
3月31日  自由の日  :  Freedom Day
3月末〜4月上旬
(年によって異なる) 
聖金曜日 :  Good Friday
 4月24日 労働の日  : Worker's Day
 5月1日 メーデー : May Day
6月7日  1919年6月7日の記念日 :  Sette Giugno
6月29日  聖ペテロと聖パウロの祝日 :  Feast of St.peter and St.Paul
8月15日  聖マリア被昇天祭 :  Feast of the Assumption
9月8日  勝利の女神の祝日 :  Feast of Our Lady of Victories
9月21日  独立記念日 : Independence Day
 12月8日 聖母マリア懐胎の日 : Feast of the Immaculate Conception
12月13日  共和制施行記念日 : Republic Day
 12月25日 クリスマス :  Christmas Day



マルタのイベント

国際花火大会
インガーディア
アラーム
ヴァレッタ国際バロックフェスティバル
マルタ国際マラソン大会
マルタ・カーニバル
イムディーナ祭
国際エアショー
ノッテビアンカ
クラシックカーグランプリ
ビルクフェスタ
ミリタリータトゥー
ISLE of MTV