ゴゾ・ハニー

2,500円(税込2,700円)

購入数
マルタのはちみつには古い歴史があります。

国名であるマルタ(Malta)は、ギリシャ語のMeliteからきていると言われますが、更にこのMeliteはギリシャ語ではちみつを意味するMeliからきていると言われています。
マルタのはちみつは世界一の味と言われているのには、やはり何かわけがあるようです。

島国で独自の生態系を守ってきたマルタですが、植物やミツバチも独自の種を守っています。
マルタのミツバチは、北アフリカのミツバチに近い種で、そこにイタリアのシシリアに生息する種がわずかに混じっているそうです。

マルタのミツバチは、北アフリカやシチリアのミツバチに比べて、濃い色をしていて、足が短く、羽も細く短いのが特徴です。
腹部の毛が長いのも特徴の一つですが、これれは日中40℃以上にもなる、マルタの気候に適合したものだと考えられています。


【マルタのミツバチ】

しかし近年は、残念ながらこのマルタ特有のミツバチの数が、減ってしまったようです。
1992年以降に、それまで独自の種を守っていたマルタに、外来の女王蜂が持ち込まれ、それと一緒にミツバチヘギイタダニという、ミツバチに寄生するダニが入り込み、大量発生してしまったことが原因のようです。
現在この状況は改善したのですが、当時は約4,000の蜂の巣が全滅してしまったとのことです。


ところで、古くからマルタのはちみつの作り方はとてもシンプルで、木に土器の壺を吊るしておいて、そこに集まった蜜をとるという方法です。その壺もシンプルなつくりで、蜜を直射日光から守るように蓋をしておくだけの簡単なものでした。

最近ではマルタでも、1950年代にイギリスから持ち込まれた近代的な養蜂が主流になりつつありますが、今でも農家では自宅で食べるはちみつは、昔ながらの壺を使って集める方法をとっています。
この壺は、現在でも約3分の2の農家に残っているらしいです。
昔から変わることなく、マルタの人にとって、はちみつは欠かすことのできない大切なもののようです。

マルタの素朴なはつみつ製法からも想像できると思いますが、マルタの養蜂家の方たちは、基本的にミツバチたちの自然な行動に任せて蜜を集めています。
ですから、他の国でみられるような、「アカシアのはちみつ」とか「レンゲのはちみつ」といった花の種類によって違うはちみつは、普通はありません。

ミツバチたちは、そのシーズンごとの野性の花々の蜜を集めてきます。
マルタのミツバチは通常5マイル(約8km)飛んで、約200種の花々から蜜を集めてくると言われています。

そして、この野性の花々も、マルタの特徴的な植物です。
タイム(Thyme)、キャロブ(Carob)、ルリジサ(Borage)、シロガラシ(White Mustard)、クローバー(Bitumen Clover, White Clover)、ユーカリ、地中海の柑橘類など、約1,000の野性の植物の蜜です。
これらの植物が、マルタのはちみつを特別なものにしているのです。

 
【タイムの花】

マルタには特有の薬効成分を持つ植物が多く、その花々から集まったはちみつも、味や香りが違うだけでなく、植物が持つ薬効成分を含んでいると考えられています。
マルタではハチミツは今でも、のどの痛みの緩和などの民間薬としても使われます。

ただこれらの植物は、花が咲く季節がそれぞれ違いますので、集まる蜜も季節によって違います。
春から夏にかけては、タイムの蜜が多く含まれます。夏以降は、ユーカリやキャロブの蜜が多くなります。

その上、雨量や気温といった気象条件に左右されやすい植物が多いのです。
そのため同じマルタ・ハニーと言っても、蜜が取れた季節や条件によって味が違ってしまいます。
お買い求めの際は、この点をご了承ください。

残念ながら、同じ味を求めることは難しいかもしれませんが、季節ごとに違うマルタ・ハニーを味わう楽しみがあると考えていただけると嬉しいです。
 

生産量の少ないマルタのはちみつですが、マルタより更に小さい島であるゴゾのはちみつは、もっと希少です。
そしてマルタ・ハニー同様、ゴゾ・ハニーも大変人気があるはちみつです。

「マルタ+テイスト」のはちみつが取れるのは、ゴゾ島の中でも特別な場所です。
ただでさえ、マルタ本島よりも更に自然豊かなゴゾ島ですが、そのゴゾに水を供給するゴゾの源泉近くでとれるはちみつです。


【水道橋跡】

地中海に囲まれた国のマルタの人々にとって、飲料水となる水はとても貴重なものです。
その最もピュアな水で育った植物たちの蜜を集めた、生命力に溢れたはちみつです。

ゴロゴロとした砂利の道を登って行った小高い丘のてっぺん付近、ゴゾの街を一望できるところに、その源泉はあります。
蜂の巣の周りは手つかずの自然に溢れていて、果物やサボテンがたくさん生育しています。


【源泉近くの景色】


【源泉入口】

ところで、マルタの養蜂家の方たちは、ほとんどが兼業ですが、こちらの養蜂家のジョージさんは、ゴゾの風車をつくる腕利きの大工さんでもあります。




【ジョージさんのつくる風車】

はちみつについて色々教えてくれましたが、実際に訪れてみると、そのはちみつ作りの方法がとてもシンプルなのに驚きます。




【養蜂場から見るゴゾ】

  
このようにゴゾのはちみつ作りも自然任せといった感じです。
そのためゴゾ・ハニーも、季節ごとに、味や香りが違ってしまいます。
この点を、ご承知下さい。

営業日カレンダー

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
赤くなっている日はお休みです。

モバイルショップ