Girgentina

2,900円(税込3,132円)

定価 2,900円(税込3,132円)

購入数
マルタ独自のブドウ種Girgentinaでつくった辛口セミスパークリング。
クリーミーな泡と果実感が感じられる、マルタでは珍しいスパークリングです。




DELICATAは1907年に設立した、マルタで最も古いワイナリーです。






現在のオーナーは4代目ですが、
今も変わらずマルタらしく家族経営の蔵です。




DELICATAはこれまで94の賞を受賞していますが、
先代の時代から、
これまでの伝統的なワインづくりに加え、最新設備も導入しました。

また樽にもこだわり
フレンチオークとアメリカンオークを使い分ける醸造も行っています。




マルタのワイン

マルタの国土面積は東京23区の半分、淡路島の3分の2ほどしかありません。

ですからワインに適したブドウができる気候風土ですが、
産出量はとても少ないのです。

しかも地中海料理に欠かせないワイン。
ヨーロッパの人気の観光地ということもあり、
生産量が需要に追いつきません。

マルタ国外に出ることは滅多にないワインです。

そのため認知度が低いのですが、
ワインづくりには長い歴史があり、
隣国イタリアや、ナポレオン時代に統治下にあったフランスのワインづくりも取り入れたワインをつくっています。



DOKとは?

DOKとはマルタ語で、Denominazzjoni ta' Origin Kontrollataの略で、
特定生産地のブドウを使った、品質が保証されたワインであることを示すものです。
2007年から導入されました。

つまり、イタリアのDOCG、フランスのAOC(AOVDQS)、スペインのDOC、ドイツのQmPに該当するものです。

このDOKには、マルタ本島でつくられるDOK Maltaと、ゴゾ島でつくられるDOK Gozoがあります。

どちらもブドウの産出量が少ないこともあり
獲得はかなり難しくなっています。

イタリア産のブドウをまぜたワインはマルタでも、比較的安価で手に入りやすくなっています。