キャロブシロップ

2,000円(税込2,160円)

購入数
天然の甘味料として有名なキャロブ。



キャロブは地中海で生育する生命力の強い植物です。
味がチョコレートのようなので、チョコレートの代用品としてお菓子作りに使われたりもします。
お料理に使う場合には、お肉のソースとして、お菓子やアイスクリームのトッピングとしても人気があります。

マルタでは昔から、子どもの整腸剤や、のどの痛みをとったり、咳を止める薬のようにも使われています。



キャロブの原産地は地中海沿岸地方で、果実の和名はイナゴマメ、マメ科の植物です。

過酷な環境でも生き延びることのできる、生命力の強い植物で、地中海沿岸地方の他は、アフリカ大陸の一部で栽培されています。



果肉に甘みがあるため、地中海地方では、お菓子の原料として用いられることが多いです。
古代エジプトでも甘味料として使用するなど、じつは砂糖の原料であるサトウキビよりも古い歴史を持った甘味料なのです。
                             
またチョコレートに似た味なので、チョコレートにアレルギーのある方や、お子様やペットにも安心な甘味料として、チョコレートの代用品として使われることも多いです。

コーヒーやココアの代用品としても使われたり、清涼飲料やリキュールの原料にもなります。
イスラム教のラマダンの時期にも、キャロブから作った飲料が飲まれまれる他、ユダヤ人の祭日にも食べられるなど、キャロブは古くから重量な植物です。

キャロブに含まれるローカストビーンガムという成分が、増粘安定剤になることから、食品添加物として使われることもあり、イタリアではジェラートの安定剤としても使われています。

その他、化粧品にも使われます。

もちろんお菓子の材料にもします。
キャンディ状に加工して、チョコレートの代用品のスウィーツにしたお菓子は、昔はイースターや四旬節のような特別な日にしか食べることを許されなかった、貴重なスウィーツだったそうです。

マルタでは、経験的にのどの痛みをとったり、咳を鎮めたりと風邪の症状に効く民間治療薬として使われます。

カルシウム、鉄分、食物繊維を多く含むので、健康食品として使われる他、糖分やカロリーが少ないのに栄養価が高いので、欧米では、ダイエットを行う人のお菓子の材料としても有名です。

キャロブは古代から食されているナチュラルな甘さを持つ食べ物で、臨床試験のデータも多く安全性にも問題がないと考えられているので、キャロブ自体にアレルギーがある方を除けば、安心な成分です。


品名 キャロブシロップ

原材料 キャロブ 

内容量 100g

保存方法 直射日光を避け、 冷暗所で保存してください。

営業日カレンダー

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
赤くなっている日はお休みです。

モバイルショップ